R01.12.24「防火対象物の消防用設備点検報告の情報提供にかかる協定」締結式が行われました
 12月24日に、福岡県内の各消防本部(局)と「防火対象物の消防用設備点検報告の情報提供にかかる協定」締結式を行いました。
 この協定は、県単位では全国初の協定締結となり、消防設備の点検報告率の向上を目指し、消防設備の不備や未設置等で、火災事故等を未然に防ぎ、安心・安全の暮らしへ繋ぐもので、当協会の理念と一致するものでもあります。
 今回の協定締結により、不動産物件の所有者(売主・貸主または管理者・点検実施者)へ告知(承諾)を行い、管轄消防本部(局)へ情報提供請求できるようになりました。
 また、管轄消防本部(局)からの回答は、不動産の売買・賃貸において重要事項説明書に付加する事ができ、買主(借主)に消防設備点検状況の告知を合わせて行う事が可能となります。

トップページへ戻る